トイレが詰まる原因としてトイレットペーパーによるものが多いといいますが本当ですか。

トイレットペーパーは詰まりやすいので前もって予防することが大切です。

トイレのタンク内の部品の修理をしている

トイレ詰まりのよくある原因について

トイレが詰まる原因としては経年劣化や水圧の弱さなどさまざまなものがありますが、最も多いものとしてはトイレットペーパーを流しすぎたというものです。

特に子どもが親の見ていないところでトイレを使用し、いたずらでトイレットペーパーを一度に大量に流してしまったことによるものが多いです。

なので子どものいる家庭では子どもがトイレを利用する際にはいたずらをしないように、そして万が一子どもがいたずらをしてもいいように気を付けなければなりません。

そして子どものいない家庭でもトイレットペーパーの使いすぎには注意しておかなければいけません。

トイレットペーパーの詰まりを予防するための方法

トイレットペーパーの詰まりを予防するためには、何よりも使い過ぎに気を付けなければいけません。大人の場合は適量を心がけることが大切です。

一方で子どもがトイレを利用する際には一緒に入らないまでもトイレットペーパーを使いすぎていないかどうか、そして適切な使用量についてもきちんと教える必要があります。またどうしても大量にトイレットペーパーを使用する癖があるという場合には、柔らかいものを使用して少しでも詰まるリスクを減らすことが重要になってきます。

さらに2階以上のトイレに関しては水圧が弱くなりがちなことから1階よりもトイレが詰まるリスクは高く、少し多めにトイレットペーパーを使っただけでもすぐに詰まる危険性があります。

なので自宅が2階以上にあるという人は普段からトイレの使用には気を付けなければいけないのです。

ソース=トイレ詰まりの原因 https://水道・ガラス・鍵修理は生活トラブル救急車.com/water/column/2554

トイレットペーパーが詰まってしまった時の対処方法について

トイレットペーパーを詰まらさないように気を付けていても、複数の要因が重なって思わぬところで詰まってしまう場合もあります。

もしトイレットペーパーをトイレで詰まらせてしまった場合は、まずラバーカップなどで初期対応をしてそれでも詰まりが解消されない場合は専門の業者に依頼して詰まりを解消してもらう必要があります。